安心して暮らせる:自然災害に強い家5軒!

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

安心して暮らせる:自然災害に強い家5軒!

Y. Y. Y. Y.
Modern Houses by 株式会社濱田昌範建築設計事務所 Modern
Loading admin actions …

地理上自然災害が多い日本に住むには、地域の気候や環境、地盤などに合わせた、災害に強い家を建てることが重要となってきます。今回の記事では、災害に強い性能を追求した家5軒を取り上げ、ご紹介したいと思います。「備えあれば憂いなし」と言いますが、災害に備えて建てられた住居ですと、心休まる暮らしが送れることでしょう。

台風対策

自然災害と言っても、地震や洪水それに土砂崩れなど様々ですが、まずは台風に備えた住居をご紹介。石川県の建築家、ハルナツアーキが設計を手掛けたこちらのお住まいは島の90%は亜熱帯の原始林に覆われているという、自然豊かな西表島に位置します。台風に襲われることの多いこの地域では、その対策として雨戸の設置が主流です。しかし停電の際には、雨戸を閉め切った暗い室内で数日間を過ごすこともあるそうです。そこでこちらの家には、対策として雨戸を取り払う代わりに、特殊な防風ネットを庇先端に取り付けられるようにし、暴風を和らげる工夫がなされました。台風に強いだけでなく、台風に襲われた際にも快適に過ごせるようなお住まいですね。

 写真:中村絵

積雪対策

鋭角の屋根が印象的なデザインのこの建築が建てられたのは、新潟県十日町市・津南町。この街で開催される国際アートイベントに参加するアーティストが滞在・制作を行うためのギャラリー兼ゲストハウスです。この急勾配になった屋根には実は、雪を自然に落とすという役割があります。雪の深い地域では、屋根に積もった雪の重みで開口部の開け閉めができなくなったり、さらには家が押しつぶされるというような深刻な事態にもなりえます。雪が自然に落ちてくれると、雪かきの必要もありませんし、安心して滞在できますね。

地震対策

自然災害の中でも最も恐ろしいと言われる地震。そのため、住居の耐震性は日本に住む人の家選びで、最も重要なポイントの一つです。地震対策の観点からも、最近注目を浴びているガルバリウム鋼板は、非常に軽い素材で家の構造部分に負担をかけないと言われています。こちらのお住まいは、クライアントのご要望の一つである耐震性を重視し、屋根・外壁ともにガルバリウム鋼板 を用いています。すっきりとした外観がオリジナルな印象を与えますね。

浸水対策

株式会社濱田昌範建築設計事務所が設計を手掛けたこちらのお宅は、二階に比べ、一階部分がかなり小さく、まるで宙に浮いているような印象です。一風変わった雰囲気のお家ですが、実は敷地は河口付近にあり、浸水対策としてこのようなデザインが提案されました。二階部分を生活のベースにし、一階部分を頑丈に造ってあるので、万が一河が氾濫したとしても被害が最小限に抑えられます。

水害対策

台風時の高波による床下浸水の被害があった経緯から、建物を浮遊させるように計画されたこちらの「ボートハウス」。まさに宙に浮かぶ形の、近未来的な住まいですね。自然豊かな環境は生活に豊かさをもたらしてくれますが、時には災害を起こし、脅威ともなります。けれども災害に対しきちんとした対策がなされていれば、毎日の暮らしも安心して送れることでしょう。

災害に強い家は、こちらの記事でも紹介しています。

免震・制震・耐震。あなたの住まいに合った地震対策は?

耐震性の強い住宅の特徴まとめ

耐火と防火の違いは?住まいを火災から守るために知っておきたい6つのこと

▶homifyで建築家を探してみませんか?募集ページで理想の建築家を見つけましょう!◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※  


Modern Houses by Casas inHAUS Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!