ラーメン構造、壁式構造とは?それぞれの特徴とメリット・デメリット

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

ラーメン構造、壁式構造とは?それぞれの特徴とメリット・デメリット

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
eclectic  by 上原和建築研究所/ Kazu Uehara Atelier, architects, Eclectic
Loading admin actions …

ラーメン構造あるいは壁式構造という言葉を聞いたことがあるでしょうか?文字通り、それらは建物の構造に関わる言葉で、こうした構造の違いによって建物の性格や家づくりの方向性が異なってきます。そこで今回は、ラーメン構造と壁式構造のそれぞれの特徴、さらにはメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。まずは建物の骨組みについてしっかりと把握して、安全で安心かつあなたに合った家づくりができる建物の造りにしていきましょう!

ラーメン構造とは

ラーメン構造とは、柱と梁を接合することでしっかりと建物の強度や耐震性が確保される構造のことで、「ラーメン」とはドイツ語で「枠」などの意味になります。そうした柱と梁からなるフレームでなるということは、構造的に必要となる壁あるいは筋交いがない構造ということでもあります。柱と梁の接点をしっかりと接合できる鉄筋コンクリート造や鉄骨造で取り入られる構造で、戸建て住宅などの低層の建物から高層マンションなど規模の大きな建物でも用いられます。

壁式構造とは

壁式構造とは、文字通り、壁でなる構造のことですが、もう少し言うと、ラーメン構造の柱と梁といった線でなる構造に対して、壁式構造は壁と床・天井といった面でなる構造になります。鉄筋コンクリート造の低層マンションで多く見られる構造です。壁式構造については、「壁の変更は不可能、しかし新しい魅力が生まれたリノベーションとは?」も是非参考にしてみて下さい。

ラーメン構造のメリット

ここからは、2つの構造のメリット・デメリットについて1つ1つ見ていきましょう。まずラーメン構造のメリットですが、壁を必要としない構造であるため、間取りの自由度が高いことがまず挙げられます。特に、こちらのHOUSETRAD CO.,LTDが手掛けた住まいのように、マンションなどではリノベーションの際に間取りの変更を行いやすい構造です。また、躯体となる柱や梁を太くすることで、超高層のような大規模な建物が建てられることに加えて、より広い無柱空間を生み出すことも可能となります。

ラーメン構造のデメリット

一方、ラーメン構造のデメリットですが、太い柱や梁が室内に出てくるため、インテリアに凹凸が見られるようになってしまうことが一番に挙げられます。それによって、見た目があまりすっきりとしないと感じることもあるでしょうし、柱が邪魔になって家具がきれいに置けないということあり得ますので、事前に家具の大きさなどを確認しておきましょう。最近では、「アウトフレーム工法」あるいは「アウトフレーム逆梁工法」といった室内に出てくる凹凸を解消する工法もありますので参考にしてみて下さい。

壁式構造のメリット

House of Kami Modern Dining Room by atelier m Modern Iron/Steel
atelier m

House of Kami

atelier m

続いて壁式構造のメリットですが、ラーメン構造とは対照的に室内が凹凸のないすっきりとした空間になることがまず挙げられるでしょう。それによって、家具もきれいに配置しやすくなります。また、壁式構造の壁は耐力壁となるためより厚みがあり、それによって防音・遮音性や断熱性が高くなることも魅力となります。また、壁と床・天井で構造をなす建物は耐震性に優れているということが、過去の地震の際にも証明されているようです。

壁式構造のデメリット

それに対して、壁式構造のデメリットは、間取りの面で自由度が低くなることでしょう。壁がそのまま建物の躯体となることから、特にリノベーションの際はラーメン構造のように壁を取り除くといった変更ができません。また、窓を開けることも難しくなるでしょう。部屋の大きさを少し広くしようといった変更が難しくなります。また、ほとんどの場合で高さ15mまでの建物にしか取り入れることができない構造であることもデメリットと言えるでしょう。

◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 

▶homifyで建築家を探してみませんか?◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※ 



Modern Houses by Casas inHAUS Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!