modern Dining room by homify

クライアントの夢を叶え特別な空間体験を実現した家

K.Yokoyama K.Yokoyama
Sponsored Article
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、クライアントと建築家との共同作業によって、クライアントが求める夢の住まいを見事に実現させた家。住宅とはただ暮らすためだけのスペースではないということを表現しているかのような、特別な時間と空間が体験できる住まいとなっています。家作りの際、アメリカ人の施主から建築家に出された要望は「高級社交クラブのような落ち着きと、高級感のある都心の邸宅」でした。住宅内には、トレーニングジムやシアタールームなど趣味や娯楽の部屋をはじめ、ワインセラーや暖炉といった設備も整っています。このプロジェクト「高輪台の家」はJUN WATANABE & ASSOCIATESによって手掛けられました。

都心に佇む高級邸宅

東京都心の高台の敷地にあり、白を基調としたシンプルで上品な雰囲気が印象的な住まいの外観。建物の間取りは6LDK、鉄骨造で地下1階地上3階塔屋付きの構造をしており、都会らしさの漂う高級邸宅となっています。この家にはクライアントであるアメリカ人のご主人をはじめ、日本人の奥様、お子様4人が暮らしています。

開放感と自然光で満たされる吹き抜け

こちらは高い天井の吹き抜けとガラス張りが特徴となった高級感のあるリビングスペース。ガラスによって壁の存在感が打ち消され、空間の縦の広がりだけでなく、横の広がりも生まれています。それと同時に、この吹き抜け空間が自然光で満たされるため、快適な明るさを感じながらリラックスして過ごせる雰囲気に包まれます。そんな圧倒的な開放感のあるこの空間で、家族やゲストとの大切な時間を心行くまで楽しむことが出来ます。

間接照明で演出されたダイニング

この住まいは、各スペースが大空間となっていることが特徴なのですが、せっかくのその広々とした空間が間延びしないよう、そして単調にならないように、建築家は様々な工夫を施したということです。例えば、白を基調としたスタイリッシュでモダンなこのダイニングスペースは、天井部分に間接照明が取り付けられることによって雰囲気のある演出がプラスされ、より特別な空間に感じられるようになっています。

外部と一体化するプライベートラウンジ

こちらはバルコニーと隣接しているプライベートラウンジの様子です。ラウンジの窓は収納してバルコニーと空間を一体化させることが可能で、それによって屋外と屋内の境界線が曖昧となり、ラウンジに居ながら広がりや開放感を味わうことが出来ます。またホワイトカラーでまとめられた空間は、床の中央部分のカーペットと周辺部分のタイル張りによって、インテリアにメリハリが生まれているのがポイント。ダイニングスペースと同様に、大空間が単調にならないよう、ここでは異なる素材を上手く利用することで、その問題を解決しているということです。

ワインセラーを備えたバースペース

こちらはクライアントが求めた高級社交クラブ的な雰囲気を演出するために設けられたバースペースで、1階のダイニングに隣接しています。バーカウンターとワインセラーを設置することで、住まいという枠組みを超え、人々がお酒をたしなみながら都会的な交流を楽しみ、優雅な時間が流れるスペシャルな空間が実現しています。

空間の移動が特別な体験となる家

建築家がこの住まいを計画するにあたって特に意識した点は、各部屋が個性を保ちながら、それらをスムーズに繋げることでした。この住宅は、地下から塔屋まで5層分の空間が積み上がった構造をしているのですが、各部屋の個性を尊重し、空間を移動する間もそれぞれのストーリー性を感じられるように巧みに連携させているということです。例えば広い吹き抜け空間を持つ1階から2階へと繋がるこの階段は、RC製片持ち式の作りによって「浮いたような」雰囲気が生まれており、暮らしの中で何度も繰り返される縦の移動にも、特別な空間体験を与えてくれます。

クライアントの夢を叶えた住まい

今回建築家は、クライアントの描く夢やこだわり、細かな要望に真摯に向き合い、一つ一つに時間をかけて丁寧に作り上げていくことで、見事完成へと結びつけました。その道のりは長いものとなりましたが、完成時にクライアントは長年の夢がかなったと、喜びと感謝を建築家に伝えたそうです。洗練された美しさと高級感に包まれたこの都心の邸宅は、「住む」という枠をはるかに超えた、夢のような暮らしと空間体験が出来る場所となりました。クライアントやそのご家族、そしてここに集う人々の時間を、快適で豊かなものにしてくれることでしょう。

Discover home inspiration!