壁面収納をもっと使いやすく改造する6つの方法! | homify

壁面収納をもっと使いやすく改造する6つの方法!

Emi M Emi M
macarenaromero BedroomWardrobes & closets
Loading admin actions …

壁面収納は一般的にそれ以外のキャビネットよりも高価ですが、多くの利点があります。天井から床、希望の幅いっぱいまで収納として設定できるのでスペースを最大限に活用できます。壁ぴったりに造作した場合は、他のキャビネットのように壁とのあいだに隙間ができないのでほこりが蓄積されず、掃除はドアだけOK。また、壁面収納はさまざまなスタイルが提供されており、引き戸、開き戸、折り畳み戸などドアのタイプもニーズに合ったものから選択可能です。

壁面収納の最大の欠点は柔軟性がないこと。場所が固定され、部屋の模様替えの際も移動させることはできません。それでも壁面収納の印象を変えたい、という場合は外観のデザインを少し変えたり、ドアを取り外したり、全体を完全に装飾して別のスタイルに見せたりすると良いでしょう。

今回は壁面収納の印象を変える方法と、より機能的に改造する方法を6つ紹介します。

鏡や鏡面仕上げのドアに変更する

壁面収納の印象を変えるおすすめの方法はクローゼットのドアに鏡を追加する、または鏡面仕上げのものに変更することです。光を反射して部屋がより明るく見え、空間もより広く見えるようになります。部屋の風景が映り込むので壁面収納自体の存在感は薄くなり、インテリアの雰囲気も変わります。 こちらのような白いガラス製スライドドアならシンプルかつスタイリッシュなインテリアにぴったり。

機能性

寝室でスペースを節約しつつ壁面収納も作りたい場合は、壁面収納にベッドを統合するアイデアがおすすめです。特にワンルームではベッドを置いただけでスペースがいっぱい… という事態も起こります。ベッドを壁面に収納すればスペース広々、生活感も一気に消すことができます。

ロフト&中二階を作る

過去の特集でロフトや中二階の利点について紹介しましたが、あなたの家の天井が高い場合はこちらのようなデザインの壁面収納がおすすめです。壁面収納の高さは敢えて天井より低く設定して、上部をロフトとして活用するアイデアです。小さな部屋のスペースも最大限に活用し、すっきり広く見せることができます!

既存の部屋にこうした機能を追加したい場合はリノベーション専門家に相談してみてください!。

いくつかドアを取り外す

大きなクローゼットの場合はいくつかドアを取り外して開いたままにするのもアリ。少し離れたところから全体のバランスを確認しながらドアをいくつか取り外すと、圧迫感のある巨大なクローゼットの重さが少し軽減されます。オープンにしたスペースはお気に入りのアイテムをお店のようにディスプレイしたり、よく着るアイテム専用棚にすると朝の着替えがスムーズになります。しかし、見せる収納の場合は整理整頓が必須です!

カーテンでドレスルームも手軽に模様替え

ドアを取り外してオープンな収納にしたいけど整頓が苦手… という方はドアの代わりにカーテンを設置してみましょう。ドアよりも開閉が楽で軽やかな印象に、そして素材や色で簡単に模様替えが可能です。春夏はレースやオーガンジーなどで涼しげに、秋冬はベロアなどで貴族風に… と、ドレスルームも季節ごとに模様替えできます!

統一感のある装飾

壁面収納にもインテリアとしての統一感が欲しいなら、それが置かれている部屋の装飾スタイルに従ってドアを飾りましょう。こちらのデザインでは壁面収納の上部にも壁紙が追加され、空間の連続性と統一感が高まりました。

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!