心地良い距離感を生み出す家 | homify

心地良い距離感を生み出す家

kiyohid.hayasi— homify kiyohid.hayasi— homify
星設計室 Minimalist house
Loading admin actions …

2世帯住宅は親世帯と子世帯が一緒に住む家です。そんな2世帯住宅ですが、ただ親子が一緒に住む訳ではありません。そこには子供の奥さん、もしくは旦那さんや、その子供である孫たちも一緒に住むことになります。そのため親子関係であっても、そこには心地良い距離感が必要となるでしょう。そこで紹介したいのは親世帯と子世帯が一緒に気持ち良く暮らせる住宅です。それは家に特別な構造を持たせています。

2軒の家が組み合わされた家

今回紹介する家を手がけたのは星設計室。それは東京近郊の住宅地に建てられました。家に住むのは親世帯と子世帯。一見すると1軒の家に見ますが、各世帯が住む2軒の家が組み合わされた形になっています。子世帯が住むのは3角形が印象的な切妻屋根の家。親世帯は片側が高くなった片流れ屋根となっています。そのため2家族が全てを共有するのではなく、住まい空間の大部分は独立した形になっています。

親世帯に広がるコンパクトな空間

片流れ屋根にある親世帯にあるのはコンパクトな空間。そこには天井の高い空間が広がっています。空間の中心にあるのは畳が敷かれた和室。そこには窓からだけでなく、天井の天窓から暖かな光を取り込めるようになっています。そのため家の中に広がるのは明るい空間。ここでは暖かな光の中でゆったり過ごせるでしょう。

開放感を生み出す中庭

親世帯、子世帯の家の間にあるのは中庭。そこには床と同じ高さになったウッドデッキが設けられています。そのためガラス戸を開ければ、簡単に出入りすることができます。またガラス戸を収納すれば、家と中庭は一つの空間になります。そんな空間は天気が良ければ、外の風にあたり太陽の光を浴びるには打ってつけの場所。周りは壁や建物に囲まれているため、外からの視線を気にすることなくくつろぐことができます。

本住宅は各世帯が独立した空間になるように考えられていますが、完全に別々の家となっているわけではありません。2つの建物は橋のような形をしたルーフバルコニーによって結ばれています。そのため子世帯の建物から親世帯の建物へと気軽に移動することができます。親世帯に向かってルーフバルコニーを進めば、たどり着くのは屋根裏部屋のような空間。そこは趣味の部屋となっているため、子世帯にとっては離れのような場所となります。そして気軽に親世帯に遊びに行くことができるのです。

心地良い距離感を生み出す家

2つの家を組み合わせた住まいは、近すぎない距離感を生み出します。ですが、それは家族の繋がりを断ち切る訳ではありません。2つの家の間に渡されたルーフバルコニーは、まるで橋のように家族の絆を保つのです。このような本住宅では、2つの家族が心地良く暮らせる2世帯住宅を可能にしているのです。

Casas inHAUS Modern Houses

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!