段差を生かして多様な空間が楽しめる快適な別荘 | homify

段差を生かして多様な空間が楽しめる快適な別荘

K.Yokoyama K.Yokoyama
一級建築士事務所アールタイプ Modern Houses
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、高低差のある難しい敷地条件にもかかわらず、それを有効活用して色々な空間で快適な時間を過ごせるモダンな別荘です。広くて明るいリビングの他、開放的なウッドデッキ、階段状の廊下、囲炉裏の間など、思い思いの場所でくつろぐことが出来ます。ゆったりと休暇を楽しめる別荘やのんびりと過ごせるセカンドハウスを考えている方には、何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。一級建築士事務所アールタイプによって手掛けられたこのプロジェクト、一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう。

高低差のある敷地

ロケーションは兵庫県。緑豊かな環境の中にあるこの住まいは、2階建て部分と平屋が組み合わされた別荘となっています。敷地には高低差があり、住まい作りの際は様々な工夫が必要だったことを思わせます。外壁の黒い杉板と長いウッドデッキが印象的なモダンな外観は、そんな難しい敷地条件を思わせないようなとても落ち着きのある佇まいをしており、周辺の自然の風景にも良く馴染んでいるようですね。

各部屋をつなぐウッドデッキ

ウッドデッキの様子です。とても景色が開けており、豊かな自然の風景を楽しみながら開放感が味わえるようになっています。各部屋はそれぞれこのウッドデッキにアクセスできるよう開口が設けられており、外廊下のような役割で部屋をつないでいます。誰かがこのデッキでくつろいでいたら、声をかけたり自分も輪に加わるなど、コミュニケーションがたくさん生まれそうな雰囲気ですね。部屋から部屋への移動も、このウッドデッキを介していればきっと楽しくなるに違いありません。

吹き抜けの玄関ホール

こちらは玄関ホールの様子です。吹き抜けの作りとなっており、開放的で明るく快適な玄関空間です。また廊下のように空間が長く直線的に奥まで続いているのが見えますが、そこに面して大きな開口も設けられており、住まい全体につながりが感じられる作りとなっているようですね。室内はシンプルなインテリアでまとめられ、フローリングとあらわし仕上げの天井がナチュラルで優しい雰囲気。階段もシンプル&スタイリッシュなデザインで、開放的な空間の雰囲気を壊さずに済んでいます。玄関には靴など収納できる棚もきちんと設けられて、大人数が遊びに来ても安心です。

眺めを楽しむリビング

こちらはリビングの様子です。デッキテラスに面して大きな開口を設けており、外部と一体感がありますね。また外の開放感と豊かな緑の風景が室内からも楽しめるので、リビングでもリラックスして過ごすことができます。天井の梁もシンプルなインテリアにアクセントといいリズム感を与えています。気軽にデッキテラスに出られるオープンな雰囲気もあり、自由気ままに過ごせる室内空間となっているようです。

くつろげる囲炉裏の間

こちらはリビングの横にある縦格子の引き戸で囲まれた囲炉裏の間の様子です。引き戸をこのようにオープンしておくことで、空間が連続し広々としたLDKとなります。寒い冬はみんなで囲炉裏を囲んで暖を取りながら、会話も弾みそうです。奥の格子戸をあけると玄関ホールにつながるそうで、住まい全体の風通しも良くなり快適ですね。

段差を楽しむ廊下

こちらは廊下の様子です。段差のある敷地をポジティブに生かして、階段状の通路となっています。ウッドデッキもそれに合わせて階段状で連続しています。開口からは緑豊かな外の景色も楽しめるので、ここに居るだけで心が癒されリラックスできます。階段に腰かけながら、ちょっとした休憩スペースとしても利用できそうです。

Come home to chic modernity of roomy comfort
Arrow navigation 3b3136b1
Casas inHAUS Modern Houses

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!