キッチンラックで作業効率を上げていこう | homify

キッチンラックで作業効率を上げていこう

Aya F. Aya F.
Elfa Deutschland GmbH Modern Kitchen MDF Green
Loading admin actions …

キッチンラックは、調理器具や食材などで溢れがちな台所をすっきり整えるのに欠かせない家具です。キッチンの形や大きさによって、配置できる収納家具の大きさは決まってきてしまいますが、なるべく隙間スペースを活用したいものです。今回は、いろんな形のキッチンラックを実例とともにご紹介していきます。すっきりと片付いたキッチンは使いやすいもの。ご自宅に取り入れられそうなアイデア、見つけてみてくださいね。

キッチンラックも大容量で

キッチンラックとひとくちに言っても、サイズ、形ともにバリエーションはいろいろです。最初にご紹介するこちらは、キッチンの一角を床から天井まで仕切ることで、大きなパントリーを作りつけています。ユニットタイプの壁掛け式の棚なので、収納するものによって引き出し式のかごを取り入れたり、棚の幅を自由に変更できたりするのがとても便利そうですね。引き戸で目隠しできるだけでなく、戸のカラーリングでインテリアに変化がつけられておしゃれです。

ニッチを上手に使おう

コンパクトなキッチンならば、使える空間はなるべく活用していきたいもの。出窓やニッチがある台所ならば、そのスペースも上手に使っていきましょう。こちらでは、棚を取り付けることで、調味料や食材を置けるようにしています。容器の形や素材、デザインを揃えることで、普段使いの物たちがぐっとおしゃれアイテムに見えるはず。また、棚だけでなく、棚下からバーを取り付けることで、ちょっとしたものをひっかけて収納できるように。

見せたり隠したり

台所での作業効率を上げることと、すっきり片付いた印象のスペースにすることは、上手な収納術で両立できます。こちらは東京の建築家・AIDAHO inc.が手がけたリノベーション物件です。LDKスペースを広々と感じられるように、オープンキッチンにし、壁に取り付けられた棚は、見せる収納と隠す収納を組み合わせています。毎日使う食器は目の高さの棚に置き、腰の高さには調味料を並べることで取り出しやすくなります。下段はボックスにラベリングしてすっきりと見せつつ、探し物が見つかりやすい工夫。真似したいアイデアです。

Photo: 本多康司 / 本多康司写真事務所

ミニマルキッチンでは釣棚もデコレーションとして

最近よく耳にすることがあるミニマリスト。物をなるべく持たない生活をするのであれば、キッチンラックはそれほど大きなものでなくてもよさそうです。こちらの台所は、白い壁にコンクリートのワークトップというとてもシンプルなデザイン。天井からは釣棚が設置されていますが、収納というよりはディスプレイと呼んだ方がよさそうなスタイリッシュな形で物が配置されています。物がないからこそ、お気に入りの物を少し飾る。素敵な方法です。

空間を上手に使うならキャスター付きも

隙間スペースは、キッチンラックの使い方で上手に活用できるもの。こちらの収納スペースでは、壁に造作された棚以外に、いろんな形の収納ボックスが取り入れられています。仕舞いたいものによっては、ボックスでは使い勝手が悪い、ということもありますが、そうした場合に取り入れたいのがキャスター付きのキッチンラック。こちらのようなデザインのものであれば、引き出せば奥のものも見つけやすく、取り出しやすそうですね。

食器もデコレーションに

Modular shelving The Plate Rack KitchenStorage
The Plate Rack

Modular shelving

The Plate Rack

収納方法として、すべて隠してしまう方法と、見せる方法とがあります。見せる収納では置かれているものがオブジェのようにその場を飾ってくれるため、見せ方次第でオリジナルで素敵な空間に作り上げることができます。こちらのキッチンラックでは、食器がオープンに収納されていますが、日本ではあまり見ることのないデザインかもしれませんね。地震のことを考えると、飛び出す危険のないものを選ぶ必要がありそうですが、見た目にとてもおしゃれで取り出しやすそうですね。

Homes: the perfect home for a large family
Arrow navigation 3b3136b1
Casas inHAUS Modern Houses

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!