階段を使った収納5選 - わずかな空間も有効利用!

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

階段を使った収納5選—わずかな空間も有効利用!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Modern Corridor, Hallway and Staircase by HAN環境・建築設計事務所 Modern
Loading admin actions …

暮らしやすい家の実現において、一番に注目されるのは収納の充実ではないでしょうか。部屋の居住スペースはひろびろと確保したい、だけど収納も充実させたい、というときに注目されるのはデッドスペースやわずかな隙間の活用です。平面図では想像がしにくいところも、立体になると案外見落としがちな空間があるもの。今回ご紹介するのは、階段を使った収納5選です。空間の活用スペースとして代表的なもののひとつが階段。実用性とインテリア性を兼ね備えた、素敵な階段下の活用アイデアをご紹介します!

1.優しさと明るさの溢れるナチュラルモダンな家

中村建築研究室 エヌラボ(N-LAB)の手がけたこちらの家は、シンプルモダンなファサードが特徴の住宅です。周囲に高い建物はなく広い空が見える恵まれた敷地で、道路面や隣地の建物からプライバシーを確保しながらのびのびと暮らせるようにデザインされました。吹き抜けにはハイサイドライトが設置され、アクセントのウッドウォールを生かしながら明るい環境が生まれるような仕上がりになっています。階段は吹き抜けに設置され、下部にはカウンター式収納が造作されました。シースルーの開放感とリビングの収納力を両立させたアイデアがポイントです。本住宅については「ディテールに凝ったインテリアは必見!ナチュラルモダンな住宅」で詳細をご紹介しています。

2.芝のルーフテラスのある心地よい景色の家

河川と鉄道沿線の間にあり、地縁者しか戸建て住宅を立てられない区域。広大な景色が広がる地域に、一級建築士事務所HAUSの手がけた家があります。住まい手が自らデザインしたプランに、建築家のアイデアが加わった住まいは明るく心地良い環境に木のぬくもりが溢れ、庇の部分を青々とした芝の広がるルーフテラスのある家が生まれました。動線や収納が充実し、玄関に隣接した収納スペースは階段下まで利用した広々空間。ものが増えがちな生活を支える嬉しい空間です。本住宅については「haus-turf」で詳細をご紹介しています。

3.山林付き造成地にあるオープンな家

HAN環境・建築設計事務所によるこちらの住まいは、山林や眺望が臨める鎌倉の住宅街のはずれにあります。山林付き造成地の魅力を生かし、2階にオープンなLDKを構えた木の香りが溢れる住まいに仕上がりました。天気が良い日は屋上のルーフテラスから富士山が眺められる抜群の環境です。開口部を多く持ち、明るい光が広がる室内空間は、無垢材を基本に肌触りのよさと心地よさが周囲の自然と調和します。2階より上の階段はアイアンのスケルトン階段を採用していますが、1階の土間や階段廻りにはたっぷりの壁面シェルフと階段下まで有効的に利用された収納が暮らしやすさを手助けします。ごちゃごちゃとした雰囲気がなく、階段にすっきりとスマートに収まるデザインも魅力的です。本住宅については「環境にも人にも優しい!自然の良さを生かしたパッシブハウス」で詳細をご紹介しています。

4.三角形の敷地を生かしたパノラマビューの家

三角形の敷地形状がそのまま生きた三角形の家。遠くには自然の臨めるこちらの敷地に、インデコード DESIGN OFFICEがデザインした住まいはパノラマビューが楽しめるゆったりとした空気が流れます。南側には22mという建物幅が実現し、この広い幅を最大限に生かした水平窓からは抜群の景色が眺められる開放感が味わえます。2階のLDKは開放感を、廊下や階段には収納や便利な空間活用がなされ、階段は段に沿った壁面に高さ違いの収納が造作されました。周囲に圧迫感を与えず、すっきりとものを納めることが可能です。本住宅については「パノラマビューが楽しめる!変形敷地を生かした三角形のモダンな家」で詳細をご紹介しています。

5.住宅街の一角にある曲線が生きる家

新しい幹線道路からほど近い、住宅街の一角に建つ住まいです。YIA イシウエヨシヒロ建築設計事務所は住まい手ご家族の空気感をイメージし、()(鍵括弧)でひとまとまりの中にいるような、曲線を使った空間をデザインしました。レッドシダーが曲線にあしらわれ、ポイントとなる印象的な空間は未来的ながらも温かさを感じるインテリアに仕上がっています。丸みや曲線にこだわった階段手すりは空間のシャープさに柔らかさを加え、階段の直線的な雰囲気を和らげています。木の雰囲気を引き立たせるよう、側面はホワイトでシンプルに仕上げ、そこにさりげなく収納を織り込んで機能性も充実した住まいとなりました。本住宅については「家族をまとめる家「CACCO」」で詳細をご紹介しています。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ※   


Modern Houses by Casas inHAUS Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!