白を基調とした部屋のコーディネートって?

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

白を基調とした部屋のコーディネートって?

Aya F. Aya F.
Modern Living Room by Kichi Architectural Design Modern
Loading admin actions …

白は、多くの住宅で壁の色として取り入れられている色。いろいろな色とコーディネートしやすいのはもちろんのこと、部屋を広く感じさせる効果があるため、小ぢんまりとした賃貸物件では頻繁に使われています。今回は、白を基調とした部屋のコーディネートとは、と題し、いろんな色との組み合わせ方法について考えていきます。白を活かしたインテリアづくりを学んで、模様替えなどの折の参考にしてみてくださいね。

白い部屋にウッディテイストであたたかさをコーディネート

白を基調としたインテリアというと、ちょっと寒々しく感じてしまうこともあるかもしれません。スタイリッシュかつ温かみのあるコーディネートにするためには、どういったことに気を付けるとよいのでしょうか。こちらのリビングダイニングでは、白とグレーをベースにした部屋づくりがなされています。色合いだけ見ると、冷たい感じがするのですが、毛足の長いラグなどを取り入れることで、暖かな質感に。さらにダイニングテーブルに木製のものを使うことで、柔らかさがアップしますね。

白いお部屋は小物でおしゃれに

白が好きな人にとっては、家じゅう真っ白でのコーディネートは心躍るものでしょう。しろいキャンバスに色をのせていくと鮮やかに目を引くように、ホワイトキューブの空間では、ビビットな色合いが気持ちよく室内を彩ります。こちらはつくば市の建築家・Kichi ArchitecturalDesignの手がけたお宅のLDK。しろい空間に、ビビットな青いソファや赤い小物などが美しく映えています。アクセントカラーが気持ちがよいほど引き立つ空間には、小物選びがスタイリッシュな家にするためのカギとなりそうです。

明るさを加えるならテキスタイルにアレンジを

ミニマルな空間づくりを考えるならば、色選びもミニマルにするのがポイント。こちらのリビングでは、モノトーンをベースとしてコーディネートされています。フローリングに合わせて、家具は同系色の明るい木のものを組み合わせ。寂しくなりがちな色合いに、差し色として、グリーンを取り入れています。あちこちに置かれた観葉植物に合わせるように取り入れられているのが、グリーンの縞のラグ。これでぐっと、明るく爽やかな印象に。

カラーコーディネートは3色を目途に

インテリアを考えるときに、大切なのは色選び。シンプルな内装を目指すのであれば、まずは3色を目途に家具選びをするのがよさそうです。こちらのワンルームでは、壁の色に加えて、ウッディカラーとソファや椅子の黒が組み合わせられています。もうちょっと色がほしい!という方も、4,5色までに抑え、色の配分も均一にならないように気を付けてみてください。アクセントカラーの配分は小さめがおすすめです。

質感が異なると雰囲気も変わる

真っ白な空間というと、どこか、病院のように無機質なイメージがあるかもしれません。でも、質感が変わるだけで、ぐっと雰囲気も変わってきます。こちらのお宅のリビングでは、壁の一面がタイル張りになっています。厚みの異なるタイルをランダムに組み合わせることで、壁がレリーフ状となって、空間に柔らかなニュアンスを与えてくれます。岩壁を思わせるような内壁は、木に並ぶ天然素材のようで、自然を身近に感じられる空間になりますね。

ベージュのグラデーションでリラックス空間

Wickham House Modern Living Room by C7 architects Modern
C7 architects

Wickham House

C7 architects

白は汚れが気になる、ということから、壁を敢えて淡いベージュにすることもあると思います。木や土を思わせるベージュには、その色を見る人に落ち着きと安心感をもたらしてくれるといいます。自宅ではゆっくり休みたい!という方にはおすすめの色。こちらのお部屋では、ホワイトベースに淡いベージュのグラデーションカラーがコーディネートされています。アクセントカラーとして、マホガニーの濃い茶色、黄みがかったベージュが取り入れられています。シックでありながらもナチュラルテイストなリビングに。

【住まいの色については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 寝室の風水のために方角と色を考える

▶homifyで建築家を探してみませんか?募集ページで理想の建築家を見つけましょう!◀  

※  建築家の募集ができる無料相談ページ ※


Modern Houses by Casas inHAUS Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!