11のコスト削減テクニック・2017年版

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

11のコスト削減テクニック・2017年版

Emi M Emi M
scandinavian  by PracowniaPolka, Scandinavian
Loading admin actions …

住宅にかかるコストを抑えながら、より快適な住まいとおしゃれなインテリアが手に入ったら最高ですよね。今回はそんなあなたの夢を叶える【11のコスト削減テクニック・2017年版】をお届けします!家具の選び方やリノベ時に気をつけたいことまで、コスト削減は小さなことからコツコツと… です。さっそく見ていきましょう!

箪笥よりスライドドア

巨大で高価な洋服箪笥をいくつも買うよりも、部屋の一角をスライドドアで仕切りウォークインクローゼットとすればコストを抑えることができ、さらに圧迫感も無くスペースをフルに収納に活かすことができます。鏡になったスライドドアなら姿見として使えますし、部屋も二倍に見えます!

飽きのこないシンプルモダンスタイル

リノベーションが必要となった住宅はついでにインテリアをシンプルモダンなスタイルへ改造しましょう。若気の至りのようなとんがった個性的なインテリアは数年で飽きてしまい、家具から小物まで買い直すはめにもなりかねませんが、シンプルかつ上品なスタイルはタイムレスな魅力で長く愛すことができます。長い目で見ればコスト削減につながりますよ。

こちらはイタリアの建築家によるモダンで魅力的な住宅。

塗り壁より壁紙

漆喰や珪藻土の塗り壁はメリットも多くありますが、単純にコスト面だけで考えるなら壁紙の方が安価です。パターンやアクセントカラーでインテリアに遊び心を加えたいという場合は、個性的なデザインを提供している壁紙専門店を一度チェックしてみるのも良いかもしれません。

スポットライト+ダクトレール

ダクトレールに取り付けたスポットライトは光の向きを簡単に変えられるので便利です。ペンダントライト、スタンドライト、フロアライト… といくつも照明を購入しなくても、光の方向によって部屋の雰囲気を変えることが可能です。天井が低い部屋にもおすすめです。

アートorポスター?

一点物のアート作品は言わずもがな高価です。世界にただひとつだけという魅力はもちろんありますが、節約したいならプリントのポスターで我慢しましょう。それでも魅力的な作品は数多くありますよ。

タイルの貼り方

キッチンや浴室、トイレなどの壁をタイルで装飾しよう!と思い付いたまでは良かったものの、タイルの種類によっては一枚あたりのコストがかなり高い場合があります。全面的にタイルを貼る予算が無い場合はライン状に配置したり、アクセント的にタイルを貼るなど装飾的なバランスを考えながら使用量を抑えます。家具の背面になる部分はもちろん不要。

コンパクトなサイズを選ぶ

大家族でないのなら家具家電はコンパクトなサイズのものを選びましょう。大は小を兼ねるという言葉もありますが、大きなサイズになればコストも電力も多くかかります。

オープンキッチンとエアコンの位置

日本でも定番となったオープンプランの間取りですが、気をつけたいのはキッチンの熱源とエアコンの位置。これらふたつの距離が近いとエアコンがキッチンの熱を感知してより強く冷やそうとするため、冷房費がよりかかることになります。熱源とエアコンはなるべく離して設置しましょう。

個性的な小物

インテリアのアクセントとなる個性的なアイテムは小物で取り入れましょう。例えばこちらはベッドサイドに置かれたデスクランプが差し色も兼ねたアクセントとなっています。それ以外の家具はシンプル&低コストなものでまとめても、存在感のある個性的アイテムによって全体がおしゃれな雰囲気になります。小物なのでソファやデスクといった大型家具よりもちろん低コスト。

大きな窓

大きな窓は開放感があり気持ちがいいもの。しかし直射日光や外気温によって室内環境が大きく左右されてしまいます。冬場は分厚いカーテンで外からの寒気をシャットアウトしたり、夏場の直射日光は外部ブラインドや昔ながらのよしずでカットするなどの工夫で、冷暖房コストを抑えましょう。

IKEA製品を取り入れる

すべてをIKEAで揃えるのではなく、ベーシックなデザインのアイテムをところどころに取り入れるだけなら、いかにもIKEA!という感じではなくあなたのオリジナリティも維持できて、インテリアを作るコストも削減できます!

Modern Houses by Casas inHAUS Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!