ミニマリストに学ぶシンプルな部屋のアイデア

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

ミニマリストに学ぶシンプルな部屋のアイデア

Aya F. Aya F.
Modern Kitchen by FORMAT ELF ARCHITEKTEN Modern
Loading admin actions …

物が少なくシンプルな部屋は、昨今の断捨離ブームもあり、多くの人から注目を集めています。きちんと片付けることはもちろんですが、シンプルに見せるためにもコツがあります。では、シンプルな部屋作りのためには、どういったことに気を付けていけばよいのでしょうか。今回の記事では、ミニマルでコンパクトにまとまったお部屋の実例をもとにシンプルな部屋作りについて考えていきます。

シックでマットな黒でまとめてシンプルな部屋に

シンプルな部屋作りにおいて、基本となるのは色選び。あまり多色遣いのインテリアでは、視線もあちこちへ散ってしまいがち。ベーシックカラーは三色程度までに抑えるとまとまった印象になります。例えばこちらのお宅のキッチンは、天井、床を白、キッチンインテリアを黒というモノトーンを基調としています。空間のほとんどをマットな質感にして、バックスプラッシュのみをグロッシーな素材であるため、しっとり大人っぽいシンプルキッチンに仕上がっていますね。

白とオフホワイトでミニマルな和室

伝統的な和室は、畳の緑があり、木調の暖かさに包まれた空間ですが、最近では和モダンと呼ばれるタイプのデザインが取り入れられることがあります。家全体がモダンで洋風の設えになっている場合に特によく見られるモダンなインテリアです。元々和室はシンプルな内装。和モダンになってももちろんその傾向は踏襲されています。こちらの和室では、部屋の中央のみに白い畳が敷かれ、奥の壁には床の間を思わせる空間が穿たれています。ほぼ一色で統一されているこの空間は、まさにシンプルな部屋。こんな部屋で瞑想したら、無の中に吸い込まれてしまいそうです。

ミニマルなリビングには一人掛けソファ

リビングにはソファがあるもの、という固定概念は、シンプルな部屋作りにおいてはちょっと脇に置いて考えてみてください。コンパクトサイズのリビングで、心地よくくつろぎたいと思うのであれば、お部屋を家具で埋めてしまうこともないですよね。こちらは建築家・星設計室の手がけたミニマムハウス。9坪に満たない敷地面積に建つこの家では、機能性と居心地の良さを追求してデザインされています。リビングスペースはとても小ぢんまりですが、一人掛けの椅子を2つ置くだけのシンプルなレイアウトにすることで、空間を楽しむことができます。

キッチン台とフラットにつながるダイニング

シンプルな部屋作りでは、家具は必要なものだけを配置するのが、手っ取り早くすっきりと見せるためのポイント。家具のデザインも装飾性のあまり高くないシンプルなものを選ぶと容易にミニマルな空間が出来上がります。こちらのお宅は、壁の一面が窓になっていて、さらに天井の一部が吹き抜け構造のため、とても開放的。白と白木でまとめられたミニマルなダイニングは、キッチン台とフラットにつながっているため、よりすっきりと感じられますね。

吹き抜け空間がシンプルな部屋を演出

こちらのお宅でも、白と優しいナチュラルウッドの色調でまとめられています。小ぢんまりとした家ですが、白い壁と吹き抜けゆえにとても広々とした印象に仕上がります。階段構造もミニマルなので、すっきりとした感じがしますね。白とウッディ調の二色での取り合わせは、木の質感が引き立ってあたたかな印象になりますが、こちらではそこにポイントカラーとして、椅子の座面に青を用いています。ぱっと目を引く色を少しだけ使うことで、空間のイメージをアレンジすることが可能です。

ナチュラルカラーでシンプルなベッドルーム

寝室は、家の中でもプライベート度の高い空間。それゆえにクローゼットや棚など、意外に物が溢れがちです。でも、質の高い睡眠を目指す場合、寝室のインテリアは、シンプルであればあるほど睡眠に集中できるのだとか。こちらの寝室のように、なるべく物を置かず、優しい光を灯すライトを用いるようにしてみるといいかもしれません。夜はしっかり暗く、朝は自然に光が差し込んで目が覚める、というのが理想的。屋根裏部屋では天窓が、心地よい目覚めをサポートしてくれそうです。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼ 

募集ページはこちら

Modern Houses by Casas inHAUS Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!