家事が楽しくなる!家族の顔が見えるナチュラルハウス

Kanako.K Kanako.K
K邸 2012, ELD INTERIOR PRODUCTS ELD INTERIOR PRODUCTS Modern Living Room
Loading admin actions …

住宅を新たに建てるとき、子ども達がまだ小さいうちの新築住宅プランはできれば家族のコミュニケーションを絶やさないような、賑やかで明るいプランを建てたいものですよね。常に動き回る子どもの行動を把握でき、子どもにとっても親の顔がそばに見れるような安心感のある住まいが理想かもしれません。そこで今回ご紹介するのは、パブリックなスペースを賑やかに楽しく過ごせるような住まいです。岡山県を拠点に建築設計活動を行っているELD INTERIOR PRODUCTSが手掛けるこちらの住まいは、小さな子どもがいる賑やかな家族のための住まいです。パブリックなスペースでそれぞれが思い思いに過ごせる居場所を設けた、家族が集まりたくなる住空間です。

ナチュラルハウスの外観は、木素材とネイビーカラーがシンボルに

このナチュラルハウスが建つ敷地は、周辺に豊かな緑のあるゆったりとしたロケーションです。積み木のような可愛らしい三角屋根をしたナチュラルハウスは、遠くからでも視認性の高いネイビーブルーの外壁と一部を赤みのかかった木素材で仕上げる優しい外観です。建物の目の前に広がる芝生の庭もゆったりとした雰囲気を醸し出す気持ちのいい外観に。シンプルなフォルムながら、個性を感じるオシャレな住宅です。


「住まいの写真」ページでは様々な種類の家を紹介しています。◀

 家の写真ページ

ナチュラルハウスらしく、木素材の温かさと顔の見えるオープンキッチン

一階はリビング・ダイニング・キッチンが一体となった家族の集まるパブリックなスペース。内装にはホワイトカラーの壁と、天井は木構造現しにフロアの一面木フローリングが明るくナチュラルなインテリアです。ダイニングテーブルやキッチン腰壁も木素材で統一させると一層柔らかで温かな雰囲気がましますよね。オープンスタイルのキッチンと目の前に位置するダインニングテーブルで調理をしながら会話のできる距離感。じっくり煮込むお料理の片手間にダイニングでおしゃべりすることも出来てしまいますね。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している塗装会社 

階段下のワークデスク

キッチンから目の届く階段下スペースには子ども用のワークスペースを。二人掛けでもゆとりのあるスペースは二人並んで仲良く作業のできるデスクに。デスクと統一感のあるデスクライトも何だかかわいらしいですよね。家事をしている間でも目の届く範囲にあり、子どもにとっても親の存在感を感じながら作業に夢中になれる空間は安心感を得ることができるのではないでしょうか。私物でごちゃごちゃっとしても、インテリアと統一感のある家具でまとめれば見た目には気にならなそうです。


【住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

 土地探しのコツ6ポイント-ー自分にあった希望通りの土地を探すには?

みんなで家事がし易い、使い勝手のいいキッチンスペース

キッチンスペースは壁面一面にたっぷりの収納スペースある使い勝手のいい空間に。背面のゆとりあるカウンターにはよく使う家電を、そして引出の多い収納は重たいものを持ち上げることなく仕舞えるのがいいですよね。ホワイトカラーでまとめられ、見た目にも清潔感を感じられます。キッチン周りを回遊のできるキッチン導線は、家事動線の効率が良く、数人で家事調理をしていてもストレスなく調理を楽しめるはずです。

スッキリ仕舞えるホワイトインテリアの洗面室

木素材でまとめられた居住空間とは異なり、水廻りはホワイトカラーの一色でまとめた清潔感と広がりを感じる空間です。手洗いスペースの面に合わせた洗濯機収納スペースや雑貨収納棚はスッキリ仕舞える気持ちのいいインテリア。子どものいるご家族ではサッと仕舞える、誰にでも分かる、子どもでも手の届く棚がバランスよく計画されている事によって、家族みんなにとって住み心地のいい住まいではないでしょうか。

追記:家族みんなが集まるLDKを住まいの中心に

家族中心の住まいづくりには、何が必要でしょうか?ポイントに一つは、LDKの間取りにあります。家族みんなが自然と集まるのは、やはりキッチン、ダイニングやリビングです。こちらはマンションのリフォームによって、大きなLDKが中心となる住まい。大きなアイランドキッチンとダイニングは、家族団欒や子供の就寝後の夫婦の憩いの場所ともなります。

追記:家族みんなで家事を楽しむキッチンに

「お母さんだけがキッチンで調理をする」そんな旧時代的な家事分担をすることは少なくなりました。今は、家事は家族みんなでするものです。例えば、こちらは開放的なオープンキッチンと背面に大きなパントリー収納を設けたキッチン。回遊性のある間取りに加え、大きなパントリーには食器や家電、家族のものなどをしっかりと閉って置けるので、家族全員がどこに何がしまってあるか一目で把握することが出来ます。

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!